大人ニキビが、ひどい状態になると、どうしても、外に出たくなくなってしまいます。
それこそ、人に、顔を見られると思うと、それだけで、気持ちがなえてしまうほど。

ただ、その一方で、そこまで、私に注目している人なんているはずがないっていう思いも。

錯綜する気持ちの狭間で、どんどん落ち込んで行ってしまうものです。
こうなってしまうと、お肌の問題というよりも、精神的な問題っていうことにも発展しかねないことに。

そこまでの悪循環になってしまう前に、なんとか、その症状を和らげたいものです。

こういったニキビができてしまう背景には、なにがあるのでしょうか。
肌の乾燥からくるターンオーバーの乱れ。
ターンオーバーが、乱れることで、新陳代謝が、うまく機能しないので、古い角質が、蓄積されてしまう。
ストレスがかかることで、睡眠不足になってしまう。
何らかの事情で、ホルモンのバランスが崩れてしまう。

本当に、いろいろですね。
特に女性の場合には、男性とは違って、複雑な原因が潜んでいる可能性があるらしいので、ひどい状態を脱するには、相当な期間のケアが必要なんだそうです。

でも・・・一つのストレス源が消えただけで、スキッと治ってしまいましたっていう女性も、中には、いるんですよね。
やっぱり、ストレスは、できるだけ解消しておきたいものですね。